社員インタビュー

HOME > 社員インタビュー > 営業本部 海貨部 通関課 金子 政徳

社員インタビュー

スペシャリストになれるように頑張ります
所  属: 営業本部 海貨部 通関課
業務内容: 輸出入貨物の通関業務に関連する一連の業務
勤続年数: 5年6ヶ月
金子 政徳●Masanori Kaneko

入社理由
卒業論文は「車の輸出入」をテーマにしました。オーストラリアでのワーキングホリデーで海外の仕事にもふれ、物流業界への興味は一層高くなり、東海海運に入社させていだだくことにしました。

現在の業務内容
通関関連書類の作成、税関等の対応。貨物搬入、搬出の手続き及び手配。荷主及び船会社対応、諸検査立会いなどを行っています。
業務の性質上、並行して多数の進行案件があり、進捗状況もそれぞれ異なります。常に時間との戦いなので、必ず一日の流れを把握することから仕事を始めるようにしています。

やりがいを感じるところ
輸出入には、通関、他法令、港湾、商品などに関する幅広い知識、そして時には非常に高い専門知識が必要とされるので、日々新しい知識を身に付けられるよう努力しています。新規の問合せに対ししっかりと対応できたことにより、お客様の信頼を得て仕事をまかされた経験があります。このように身に付けた知識が仕事に繋がっていくことに大変やりがいを感じます。

職場の雰囲気
予期しないトラブルについては知識と経験の豊富な先輩方の協力なしには解決できないこともあります。日頃のコミュニケーションは非常に大事にしています。仕事が大変な時もありますが、困った時には良いアドバイスをくれる先輩や気軽に相談できる上司の方々と、コミュニケーションの取れる職場だと思います。

休日の過ごし方
オンオフの切り替えをしっかりして、休日にはリフレッシュするよう心がけています。推理小説を読んだり、友人と食事をするなどゆっくり過ごすことが多いです。

常に心がけている事
書類の作成や確認は集中力が必要なので、仕事にメリハリをつけたり、ダブル、トリプルのチェックをするなど、ミスを出さないよう心がけています。

入社して得たスキル
実際の輸出入業務に携わることで、一言で通関許可と言っても、商品ごとに検査があったり、クリアしなければならない他法令があったりと、外から見ているだけではわからない沢山の過程があることを知りました。まだまだわからないことも多いですが、今後もスキルアップしていき、スペシャリストになれるように頑張ります。

今後の目標
知識として覚えなければいけない事が多く、先輩方のサポートを受けながら業務をこなしているのが現状です。一日も早く先輩方のサポートなしで業務をこなし、ミスなく最終チェックを通過するレベルを目指して頑張ります。そして、サポートされる側から、サポートする側になれたらと思います。

最後に一言
NO TOHKAI, NO LIFE.